アスノバ

特徴Points

アスノバは障害者就労支援事業所(就労継続支援B型)と、地域・多世代交流を目的としたコミュニティスペースを兼ねた建物です。
医療介護等のよろず相談窓口となる暮らしの保健室、みんなのオススメの本が集まる小さな図書館、ハンドメイド商品等の販売を行う物販スペースを設けています。週末には地域の方を対象にしたレンタルスペースとして貸し出しも行います。

施設の紹介Information

木造二階建て、「三角な建物」でお馴染みの建物です。
一階は地域の方との交流を目的としたコミュニティスペースになっており、平日は就労継続支援B型の多目的室としても機能しています。
キッチン設備が整っているため、レンタルスペースとして使用する際には様々な調理をすることも可能です。
二階は就労継続支援B型の作業室となります。
印刷機などが並んでおり、印刷業務の請負や商品開発を行います。
作業は随時募集中です!

就労継続支援B型

定員 20名
開所日 月曜日~金曜日(土日祝日休み)
活動時間 10:00~15:00
利用対象者 特定なし (障害福祉サービスの支給決定を受けた方)
工賃 一日を通して、アスノバの作業プログラムに参加した方へ、作業収入に応じてお支払いします。
利用料 障害程度区分に応じた単価に、利用日数を乗じて得た金額の原則 1割負担。
もしくは所得に応じて利用者負担の上限額あり
昼食代 300 円 希望者のみ

コミュニティスペース

利用時間 平日 11:00~16:30
状況に応じて前後します。
暮らしの保健室 医療介護等よろずの相談窓口です。
小さな図書館 地域の方から寄付された絵本が並ぶ小さな図書館です。
物販スペース アスノバで作った商品や、海外から仕入れたフェアトレード品を取り揃えたセレクトショップです。

レンタルスペース利用希望の方

レンタルスペースは、NPO法人まちあすに無償提供しており、まちあすにて運営し、地域づくりに貢献して参ります。

ご利用可能日 土曜日・日曜日
ご利用可能時間 9:00~18:00
利用料(目安)
  • ワークショップ参加者無料の場合
    500 円 / 時間
  • ワークショップ参加者有料の場合
    1,000 円 / 時間
  • キッチンを使用する場合
    別途 1,000 円
使用可能物品
  • キッチン(調理器具含む)
  • プロジェクター
  • スクリーン

NPO法人にご寄付とさせていただきますので、料金は目安となります。お気軽にご相談ください。
いただきましたご寄付はアンダンチでの地域通貨ダンチとして全額使用させていただき、地域づくりの一助とさせていただきます。

就労継続支援B型プログラムEmployment support

一日のスタートは朝の体操から始まります。アンダンチレジデンス内で体操をしたのち、施設内清掃を行います。
分担して清掃を終えたら、印刷機や3Dプリンターを用いた作業を行います。(活動状況に応じて内容は日々変化します。)
その他にも物販スペースでの接客、農家さんを周り飲食店へ納品する農産品集荷や、暮らしの保健室補助の活動も予定しております。

時間 内容
9:00 送迎開始(集合時間は場所によって設定します)
9:30 利用時間記録記入、アンダンチレジデンスへ移動
10:00 あさの体操・ミーティング
10:10 掃除開始
10:50 掃除終了、アスノバへ移動、休憩
11:10 生産活動など
12:00 昼食休憩
13:00 生産活動など
13:50 休憩
14:10 生産活動など
14:40 アスノバ掃除
15:00 掃除終了、利用時間記録記入、送迎開始

作業プログラム

  • 複合施設内の清掃業務(モップがけ、手すり窓拭き、掃き掃除など)
  • 印刷業務に伴った作業(チラシ折り、書類詰め、宛名シール貼りなど)
  • 3Dプリンターを用いた商品開発(ガチャガチャ作りなど)
  • モノづくり(アンダンチ封筒など)
  • 物販業務に伴った作業(販売・接客・POP作りなど)
  • 「暮らしの保健室」相談補助業務
  • 農産品集荷業務 ※準備中
  • 施設外就労 ※準備中
  • ヤギのお世話(希望者のみ)

その他サービス

送迎支援 :
地下鉄東西線六丁の目駅、JR仙石線小鶴新田駅、JR東北本線南仙台駅を拠点とした送迎を行います。拠点付近であれば、相談に応じて自宅付近の送迎も可能です。
食事提供 :
『寝かせ玄米と日本のいいもの いろは』の昼食、一食 300 円 + 消費税
希望者のみ実費負担になります。

要望に応じてレクリエーションを企画しています。
アンダンチ内他事業所との交流を密に行っております。

暮らしの保健室アンダンチ

暮らしの保健室は、地域にお住まいの方々の暮らしや、健康・医療・介護のご相談をお受けします。世話焼きおばちゃんがお話をうかがいながら、専門職、医療機関、地域包括支援センターへの橋渡しもいたします。
お茶を飲みながらゆったり過ごせる、地域の皆様に開かれた場所を目指します!

ケアカフェアンダンチ

医療介護福祉などケアに関わる人が、顔の見える関係を作り、日常のケアについて相談する場であり、それによって領域間のバリアをなくし、地域ケアの向上を目的として開催されてきました。これからは地域の方々もご一緒に、住み良いコミュニティにしていけるよう、お茶を飲みながら思いのままを話しあっていきましょう!

お問い合わせContact

022-290-7295

FAX : 022-290-7501

採用情報

お問い合わせ

視察研修申し込み

資料請求